メニュー

『ずっと、いっしょ。』上映会 ×「家族のカタチ」座談会 開催のお知らせ

『ずっと、いっしょ。』上映会×「家族のカタチ」座談会 開催のお知らせ

UA(うまれてありがとう)プロジェクトin千葉主催

映画『うまれる』シリーズ第2弾『ずっと、いっしょ。』上映会を開催します!
今回の上映会は「児童福祉週間」にあわせて開催することもあり、
上映後に千葉市長の熊谷俊人氏をゲストに迎え、感想をシェアしながら
子どもたちの健やかな成長を考える座談会を予定しています。

日程 2016年5月8日(日) 13:00~16:30
場所 千葉市稲毛保健福祉センター 3F 大会議室

詳しくはこちらお申込みフォームはこちら

イベント概要

event detail

千葉市で成人の日に行った初めての試み

平成28年1月11日成人の日。
これから成人として生きていく新成人の皆さまに、命について、家族について、大切なことを考えるきっかけにして頂きたい、そして全ての市民の人たちが成人の日を通じて、家族について考える日にして頂きたいと千葉市「成人を祝う会」の後、結婚式場「ラ・セーヌブランシュ」にてドキュメンタリー映画『うまれる』を鑑賞して頂く特別なイベントを開催しました。

千葉市の成人の日を「家族について考える日」 どんなことをするの?

沢山の方々の想いによりイベントが実現

当日の参加者数は、新成人 15人 新成人家族 18人
一般 大人 63人 子ども 9人、関係者及び協賛企業様 22人
合計 127人

プロジェクトに賛同し応援してくれた個人及び企業様からの協賛金は個人協賛 50人、個人事業主 14人、企業協賛 21社と沢山の方々からの期待とご支援の想いが集まりこのイベントが実現しました。

記念すべき日だからこそ、大切な人へ向けた
特別なメッセージ

新成人の皆さまには、20年を生きてきた中で感じている
家族や大切な人への感謝のメッセージを
記念すべき日の特別な想い出として撮影し大好評でした。

未来の若者達へ繋げるプロジェクト

沢山の大人達が、若者たちの未来を応援している千葉市。

今後もより良い形を模索しながら、
毎年の継続を目指していきたいと思っていますので
是非よろしくお願いします!

今までも、そしてこれからも。
映画「うまれる」を通して伝えたい想い

すべての人達に「うまれてくれて、ありがとう!」

UA(うまれてありがとう)プロジェクトin千葉 一同

50万人が涙した映画「うまれる」

映画「うまれる」とは

50万人が涙した、いのちを題材にした映画です。
映画 『うまれる』 は、子供は親を選んで 生まれてくるという胎内記憶をモチーフに、 命を見つめる4組の夫婦の物語を通して「自分たちが生まれてきた意味や人との繋がり」を考えるドキュメンタリー映画です。

映画「うまれる」 公式WEBサイトはこちら

私たちの想い

our mind

千葉市の成人の日を「家族について考える日」へ 主催者のメッセージ

主催者からのメッセージ

2012年7月に千葉市蘇我勤労市民プラザで、UA(うまれてありがとう)プロジェクトとして『うまれる』上映会を初めて開催してから3年...。

「この映画を広げることで千葉を元気に出来る!」
「虐待、ネグレクト、いじめ、自殺、少子化、親子関係の不一致…etc、様々な問題を少しでも減少させる為にこの映画は役立つ!」

そう信じて3年間いろんな形で上映会を開催したりお手伝いを続けてきました。

そんな中で千葉市の熊谷市長は『うまれる』と私たちの活動に対して大きな理解を示して頂き、千葉市内の小中学校で学校上映を働き掛けてくれたり、いろいろと応援をしてくださっていました。

そして今回、熊谷市長から成人の日の企画について、直々にお話を頂きました。

 

来年の成人の日に新成人に向けて
『うまれる』シリーズの上映会を開催したい。

また、千葉市の成人の日のあり方を変えるために
成人の日を「家族について考える日」としていきたい。

熊谷千葉市長の意向を聞いて感激でした!!
3年前は、こんな嬉しい事になるとは想像もしていませんでした。

でも、これは『うまれる』の作品の力だけでなく、この映画に心を動かされ、
口コミで広げてきた『うまれる』ファンの皆さまの力でもあります。
ぜひ、みんなで千葉市の成人の日のあり方を変えていきましょう!

そして、新成人の皆さま、

うまれてくれて、ありがとう!
生きてくれてありがとう!

皆さまの輝かしい未来を、心から応援しています。

UA(うまれてありがとう)プロジェクト in 千葉
行木 佐衣子

千葉市 熊谷市長のメッセージ

千葉市 熊谷市長

大人になるということは“ 支えられる側 ”から“ 支える側 ”、
“育てられる側 ”から “育てる側 ”になるということだと思います。
千葉市は成人の日を、家族や命について考える、それも新成人やその家族だけではなく、全ての人が考える日にしていきたいと考えています。

このページの先頭へ ↑